国内モデルの主な仕様
CPUが2.3GHz駆動クアッドコアのAtom Z3580、メモリ4GB、1.080×1,920ドット表示対応5.5型液晶、下り150Mbps対応LTE、Android 5.0などを搭載。

SIMは2枚搭載可能で、LTEデータ通信と2G通話のSIMを分けて運用できる。  

ラインナップ
メモリ4GB/ストレージ64GB/Atom Z3580 税別50,800円(税込54,864円)
メモリ4GB/ストレージ32GB/Atom Z3580 税別45,800円(税込49,464円)
メモリ2GB/ストレージ32GB/Atom Z3560(1.8GHz) 税別35,800円(税込38,664円)



赤みんなの反応07画像


最下位モデルが4万弱って結構高いな。


思ってたより高いな…


日本での発売価格は他と比べると高いな


ZenFoneに求められてるのはコスパじゃないんですかね……


ちょっと興味あったけど高いな。


32GBのメモリ4GBモデルは税込みで5万円切ってるから売れる事、間違いないよ。ただ、思ってたより高いよ。スペックを考えればかなり安いんだけど、Zenfone2に求めてたのは手頃な価格だよ。』
 青ちょい焦る

『下位モデルで税込4万円弱は、コスパ最強と言われるZenfone5の次に発表された機種だけに余計高く感じてしまうわね。ただ、海外に比べて高いのは円安だけの影響なのか、日本が舐められてるのかはわからないわ。』
赤やれやれ



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





トップページtwitterまとめ携帯・スマホ・PC・機械 > ASUSのZenfone2の価格は思ってたより少し高い?